レーザー脱毛の種類と効果のまとめ

脱毛施術は肌に当てる光の違いにより、レーザーとフラッシュに分けることができます。さらにレーザー脱毛も、使用するマシンの種類によって細かく分類することができるので、それぞれの違いをチェックして理解することが大切になってきます。

レーザー脱毛の仕組みとは

レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射してムダ毛を処理していく脱毛方法です。このレーザーには黒色に含まれるメラニン色素に強く反応するという性質があります。ですので肌に照射するだけで、毛穴の奥深くにある毛根にダメージを与えることが期待できます。

肌にレーザーを当てる施術は、もともとはアザやシミ、ホクロ、ソバカスやニキビ跡などを薄くする治療に用いられていました。それがムダ毛の成長を抑える効果があることが分かり、脱毛にも使われるようになりました。

ですので、レーザーの照射は医療行為に当たり、施術には医師の資格が必要になります。レーザー脱毛でムダ毛をケアしたいと思ったら、美容クリニックなどの医療機関に通う必要があります。

クリニックとサロンでの脱毛の違い

美容クリニックなどで受けることができるレーザー脱毛は、ムダ毛に対して高い脱毛効果を期待することができます。そのため、ムダ毛をケアする方法には数多くの種類がありますが、永久脱毛に最も近いのはレーザー脱毛だと言われています。

しっかりとムダ毛をケアしたいと思ったら、レーザー脱毛を受ければツルツルの素肌を長期間キープすることが期待できます。ですが、レーザー脱毛は痛みが強く、肌にかかる負担が大きいというデメリットがあります。これをカバーするためにムダ毛の効果を抑えたのが、エステサロンなどで行われているフラッシュ脱毛になります。

脱毛効果が低い分、施術完了まで長引くというデメリットがありますが、敏感肌や乾燥肌の人でも気軽にチャレンジできるのが魅力です。

レーザーの種類を理解して自分に合う脱毛を見つけよう

レーザー脱毛は、ムダ毛の再生率を大幅に落とすことができるのが魅力ですが、クリニックによって使用するマシンが違ってきます。その結果、痛みや脱毛効果にも違いが出てきます。自分にあった脱毛方法でケアを進めたいと思ったら、使用するマシンにもこだわってクリニックを選ぶようにしてみましょう。

大手の美容クリニックでは、脱毛マシンを2台3台と複数使用しているところがあります。この場合、ムダ毛の濃さや生えむらなどの状態や肌質、脱毛を希望する部位などによってマシンを使い分けて施術を行います。

ですので、脱毛施術前のカウンセリングで十分スタッフと相談することで、自分にあったマシンで施術を進めていくことが期待できます。

アレキサンドライトレーザーの特徴と効果

レーザー脱毛マシンの1つであるアレキサンドライトレーザーは、アメリカのキャンデラ社が作った脱毛マシンになります。その特徴は、脱毛の施術時にジェルを使用しないで、冷却ガスを肌に当てながらレーザーを照射するところです。そのため、冷却ジェルを塗る手間と時間を省くことができます。

さらに、肌が敏感で冷却ジェルの使用に抵抗がある人にもおすすめです。アレキサンドライトレーザーは、レーザーを照射するたびに冷却ガスを肌に当てるので、施術時の痛みが少ないことも特徴です。

レーザー脱毛は痛みが強いことが特徴ですが、アレキサンドライトレーザーは痛みが少ないマシンなので、施術時の痛みが心配だという人はマシンの使用を検討してみましょう。

ダイオードレーザーの特徴と効果

ダイオードレーザーという脱毛器は他のレーザー脱毛マシンと同様に、ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えて、脱毛施術を進めていきます。ですが、レーザーの波長が長く、肌の奥深くのムダ毛に作用するという特徴があります。ダイオードレーザーの波長は、日本人の肌とムダ毛に適しています。

ですので、毛根にしっかりとダメージを与えることができ、高い脱毛効果を期待できるのがメリットです。さらにダイオードレーザーは、一般的なレーザー脱毛マシンと比べてみて、照射範囲が広いという魅力があります。そのため、背中や足などの施術範囲の広い脱毛に向いていて、ケアにかかる時間を約3分の1ほどに短縮することも期待できます。

YAGレーザーの特徴と効果

レーザー脱毛マシンの1つであるYAGレーザーは、レーザーの波長が長いことが大きな特徴です。アレキサンドライトレーザーの波長が755nm、ダイオードレーザーの波長が810nmに対し、YAGレーザーは1064nmになります。レーザーの波長が長くなると、肌の奥深くの毛根にダメージを与えることが期待できます。

さらに、肌の表面のメラニン色素の反応することを防ぐことができるので、日焼けをしている人でも施術を進められるというメリットがあります。VIOラインなど肌の色が黒っぽい部分の施術にも、YAGレーザーは痛みが少なく適しています。

その反面、肌の表面に近くに生える産毛には効果が薄くなっています。それに加え、色白の人もYAGレーザーには向いていないのが特徴です。

ムダ毛が濃い人におススメのレーザーとは

エステサロンなどの美容施設で受けることができるフラッシュ脱毛と比べ、レーザー脱毛はムダ毛への効果が高いというメリットがあります。さらに、脱毛施術はメラニン色素の量が多い、太くて濃いムダ毛ほど効果があらわれやすいという特徴があるので、ムダ毛が濃い人ほどレーザー脱毛を受ければ効果が得られやすいのが魅力です。

レーザー脱毛の中でも、特にYAGレーザーはムダ毛が濃い人におすすめの施術方法になります。濃いムダ毛は毛根が肌の奥深くに根付いていることが多いですが、YAGレーザーなら長い波長で効果的にケアすることができるからです。

ただし、脱毛施術の効果が肌の奥にまで及ぶため、痛みが長引くこともあるので注意が必要です。

痛みが少ないレーザー脱毛はあるのか

脱毛にチャレンジしてみたいものの、痛みが心配でなかなか挑戦できないという人が多くいます。特にレーザー脱毛は、フラッシュ脱毛と比べて痛みが強いという特徴があるので、注意してチャレンジする必要があります。

レーザー脱毛は、使用するマシンによって種類分けすることができますが、施術時の痛みが心配だという人は、ダイオードレーザーでケアするようにしてみましょう。ダイオードレーザーは、他のレーザー脱毛器と比べて痛みが少ないという特徴があるからです。

さらに波長を高い精度で調整することも可能なので、乾燥肌や敏感肌の人も安心して施術を進めていくことが期待できます。顔やうなじ、VIOラインなど肌が敏感な部位のケアも、おすすめです。

産毛に一番効果があるのはレーザーです

脱毛は、ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与える施術になります。そのため、ムダ毛が細くなるとメラニン色素の量が減り、脱毛の効果もあらわれにくくなってしまいます。

ですが、フラッシュ脱毛と比べてレーザー脱毛は脱毛効果が高いため、産毛も綺麗にケアしていくことが期待できます。濃くて目立つムダ毛のケアだけではなく、産毛までしっかりと脱毛したい場合は、レーザーで脱毛するようにしてみましょう。

中でもアレキサンドライトレーザーは、産毛ケアに向いているレーザー脱毛器と言えます。アレキサンドライトレーザーは、日本人の肌やムダ毛の状態にあった波長でムダ毛のケアを行います。それに加え、レーザーの出力を調整することができるので、細いムダ毛にも対応することができるからです。

脱毛専門のクリニックの選び方

レーザー脱毛でムダ毛をケアしたいと思ったら、美容クリニックなどの医療機関に通う必要があります。クリニックに通う回数は、ムダ毛の状態や脱毛する部位によって変わってきますが、数か月に1度のペースで約1年ほど通うのが平均です。

脱毛が完了するまで、何度もクリニックに通う必要があるので、アクセスの良い店舗を選ぶようにしましょう。自分にあったクリニックを選ぶためには、初回キャンペーンなどのコースを上手に活用するのがおすすめです。本契約をする前に店舗やスタッフの雰囲気を確かめることができるからです。

さらに実際に施術を受けることで、痛みや脱毛効果を確かめることもできます。初回キャンペーンで納得してから契約をすることで、トラブルなく脱毛を進めていくことができます。